キヨシローと、ママ

KING OF ROCK 

 

忌野清志郎

 

世代ではないけど

ママが好きやから

小さい頃から身近な存在だった

 

昔、彼の追っかけをしてたくらい

ママは清志郎が大好き

(私のおたく気質はDNAレベル…!)

カッコよかってん♩

って誇らしげにずっと言ってたな

 

 

 

2009年5月2日

忌野清志郎が亡くなった。

 

小学6年生だった自分は

清志郎が癌で闘病中だったことは知ってたから

あぁついにこの日が来てしまったんか

と思ったのを今でも覚えてる

死んで欲しくないけど死んでしまうのかもって心のどっかで多分思ってて

とても悲しかった

 

一方で、ママは

ニュースを避けてた

様に娘には見えて

触れやんといてって感じがすごくて

だからなんかその話を振るのも怖くて

気がついたら何年も経ってました

 

 

高校生になってから

清志郎の曲を携帯に入れて聴くようになった

まじでカッコよくて

何回も何回も帰り道聴いて

夜中にママと清志郎のライブをVHSテープ(時代を感じるよね)で観たことがあった

ひくほど泣いた

なんかカッコよくて。

違う日にはYouTubeで亡くなった日のニュース見て

また泣けてきてさ

こんなにカッコいーのに

もうライブに行って

キヨシローって叫ぶことはできないんかと

そう思うと何で死んだのって

超悲しくて。

 

 

 

ついこの間、

大好きなグループが活動休止を発表して

 

失意の中

彼らは死んでない、また会えるよ

というツイートを見た

 

そっか生きてんだから

またいつか会うことはできる

と思ったときに

清志郎のことが頭に過った

 

どれだけ願っても

清志郎のライブにはもう行けないわけじゃん

悲しいけど

 

だから気になってママに聞いた

もう触れてもいいかなと思って

 

清志郎が死んだときどう思った?

もう会えないけどどう思う?

って聞いたら

 

清志郎は死んでない

私の中で私の青春はずっと生き続けてる

 

って答えた

 

あ〜そっかって

これ以上何も聞けんかったな。

 

清志郎みたいにこの世からいなくなっちゃう訳じゃないから

いつかまた会えるかもしれないし

会えなかったとしてもママみたいに

自分の中で一緒に生き続けられたらいいなー

と思うと

ちょっとだけ怖くなくなった。

 

いつまでもずーーーっと

心の中に生き続けるから

 

 

 

 

 

バンドマン歌ってよ

ふたりのためのラプソディー

Bitchin’ Summer 2.0

学校が始まって1週間が経って

何故かバイト五連勤して(ほんとは今日で六連勤目だった)

今日は家にこもってしたいことして過ごした

 

もうすっかり秋だね

けど夏はすごく楽しかった

このブログで昔

夏が嫌いって話をしたけど

すごく楽しかった

 

色んなことしたよ

ハーバーでバーベキューしたし

花火は4回も見たし

夏フェス行ったら好きなバンドのライブが最高だったし(ダイブされて首が死んだけど)

べスフレと行きたかった場所に旅行もしたし

パブリックだけどコースデビューもした。

 

もちろん

バイトもいっぱいしたし勉強もしたよ。

自分が将来就きたい業界に決心がついたしね。

 

この間自分で初めて短期バイト申し込んだんだ。

変な人いて楽しかったよ(笑)

それより自分に行動力がついた気がして嬉しかった。

 

 

それに今年めっちゃ焼けたの。

7月くらいまでは日焼け止めしっかり塗って日傘さして

絶対焼けるかコノヤロー

くらいに思ってたんだけど、

夏フェス行く前、日焼け止め塗ったのに

めっちゃくちゃ焼けちゃって。

タンクトップの型ついちゃったの(笑)

今でもうっすら残ってる

けどそれも含めて夏の思い出なんだよね

その日を境にかな

そんなに日焼け止め塗ったりとか

日傘さしたりだとかしなくなった

焼けてもいいじゃん?若いんだから。

って思うようになった

将来シミになっちゃうリスクのことは分かるけど

そんなのどうでもいいからめんどくさいことはやめて今を楽しみたい

そんな感じだった

だから腕も前に比べて焼けたけど

全く後悔してないし

夏の勲章だと思ってる。

 

 

こうやって私の平成最後の夏は終わったんだけど

最高の20歳の夏を過ごせてすごく嬉しい

周りにいてくれた人にありがとうを。

 

 

これからは秋だよ

私の一番好きな季節

 

季節の変わり目ってなんだかワクワクするから好きなんだよね

 

これからだんだん寒くなっていく

そんな雰囲気が漂う秋が好きです。

 

 

 

何番目の月

今日のバイトからの帰り道

なんか分からんけど

楽しくて胸がドキドキして

最高の気分やった

 

別に楽しい気分になるような事がある訳じゃなくて、

なにか始まりそうな

これからまだ未来があるから

そんな気がしたな

 

ユーミンの曲に

14番目の月というのがあります

 

サビの

次の夜から 欠ける満月より

14番目の月がいちばん好き

の部分。

昔お母さんに意味を教えてもらった。

 

1番大きい月は十五夜に出る15番目の月

それよりも

満月を迎える直前の14番目の月の方が好き

 

という意味です

めっちゃ分かる。

始まる前がいちばん楽しい

共感する人いっぱいいると思う

 

とにかくそんな気分やった

 

いつも自分は音楽を聴きながら

歩いて帰るんだけど

シャッフルにしてたら

Edge of glory が流れてきた

 

めっちゃ懐かしくて!

だいすきな思い出だなーって思ってたら

なんか涙でてきた

寂しいわけでも悲しいわけでもなくて

ただただ

その思い出が愛おしくて

泣けた

 

今でも歌えるよ

 

この気持ちは、ずーーーっと忘れたくないな

平成最後の8月

朝のニュースから

「今日は平成最後の8月です」

ってのが聞こえてきて、

まーそんなこといったら

毎日何もかもが平成最後だけどね

 

 

 

今日はバイト行って

みたにと銀魂観に行って

ラーメン食べて帰ってきた

 

やっぱり特になんかあった日とかでもなくて

ただの普通の日で

でもこやって平成の夏が終わってって

平成自体も終わってくのか

ってなるね

 

清志郎のラプソディー聴きながら

歩いて帰ってたら

サックスの音が

なんか

空にどこまでも突き抜けてる感じがした

天井なんかなくて

知らないどっかまで届いてる感じがした

 

 

 

 

 

 

 

老化と書いて哀しみと読む

こないだ飲み会から帰ってきて

風呂入ったあとボディクリーム塗ってたら

脚にあざみたいなのふたつ見つけた

 

気づかないうちにあざができて

治るのにめっちゃ時間かかるようなったんだよー

 

歳じゃん

老けがこわいよ

 

でもまあ歳を重ねることを

憂うのはまだ早いんだろうね

 

 

将来歳をとってもそのときだけの良さを持ってたいな

 

 

中国共産党の悪口ではない

久しぶりにブログ

 

いつぶりだ

カナダにいたときぶりか

 

昔の記事読んでたら書きたくなった

 

終電で帰るってば池袋
やっぱこのブログ名好きだな

 

ブログってさ、時代の象徴だよね

ネットに好きなこと書いて人に読んでもらうのが当たり前になったっつーのはなんともまぁ自己主張が認められた時代になりましたな

 

そんなこと言ってもブログはちょっと古いか

ツイッターとかインスタとかな

自己表現、自慢、承認欲求の塊じゃんか

まぁそんな自分も中2の頃からツイッターしてるしアカウント10こもあるんだけどね

インスタも気付けばアカウント3こを使いこなしてるよ

 

いいじゃんね好きなことして

人に迷惑かけなかったらさ

好きなこと書いて

好きなように投稿して。

いいねして、してもらって

けど中国では無理な話なんだよな

なーんてね

 

あしたは飲み会じゃー

めちゃくちゃ飲んでヤル

 

 

 

現在気温マイナス5度

どうも、お久しぶりです

大和残留してくれと願ってやまない筆者です

5月ぶりの投稿だって

もう11月!!

これまでに何回かはてなブログから催促のメール来てた

でもね何個か下書きに溜まってるんだよ

纏まらなかっただけで

いつかそれも投稿するね

 

とにかく今は寒くて暇

 

 

訂正

暇じゃない

マイナス気温だから寒いけどね

全く暇じゃないね

宿題たくさんある

でもニューヨークから帰って来て

全然やる気が起こらんのよ

携帯ばっかいじってるよ

ベッドでゴロゴロしてるよ

ずっと独りでスナチャしてるよ

自分。。クズ。。じゃん。。

 

ハァ

ため息もでるわ

 

リーディングウィークいっぱい遊んだから

勉強しないとねえ

だめだよねえ

 

1ヶ月後にはファイナルのテストだ

きええ!

楽しみいい!

 

ニューヨークにいたときに直樹からこんなLINEがきた。

f:id:takeyouaway:20171111110805j:image

 父親ぽいな

 

 

おわり。